" SUVの査定

できるだけ多くの買取店に査定してもらう


注目 人気が再燃しているSUV

2012年は、マツダの「CX-5」、スバルの新型SUV「XV」、「フォレスター」のフルモデルチェンジ、三菱自動車の「アウトランダー」フルモデルチェンジと新型SUVが立て続けに投入され、SUV市場が再び盛り上がってきました。

SUV

今や街中でもセダンの姿は激減し、背の高いクルマとは無縁であったBMW、ボルボ、ポルシェ、アウディ等の高級メーカーまでも次々にクロスオーバーSUVを製造するようになりました。

一時ガソリン高騰で低迷気味だった中古SUVの人気も盛り返してきています。

「ガソリンは高いもの」という諦めが広がったこともあるのでしょうか、米国では中古SUVの人気は高く、市場に出た車は飛ぶように売れているそうです。

日本でもSUV市場は定年となり趣味に打ち込みたい団塊世代を中心にしてまた盛り返してきています。

セダンやコンパクトカーじゃ狭くてだめ、海でも山でもそこそこ走れる車が欲しいといった人達が増加しているのです。

中でも手頃な小型~中型SUVの人気が高く市場も活発のようです。


注目 複数の買取店に査定を競わせる

今ではSUVといっても街中で普通に見かける車になりました。

でもやはり一般車と異なり業者による査定額のばらつきは通常より大きくなるようです。

特定タイプの車の場合、そのタイプの専門店の方が取扱量が多く販売ルートもあるので高額査定の可能性が高くなりますが、SUVもその例に漏れません。

SUVの査定のコツは、このようなSUV買取専門業者を含む複数の買取店に査定してもらうことです。

一括査定を利用すれば簡単に複数業者の査定見積もりが得られますので、できれば一括査定を複数利用してできるだけ多くの買取店の査定額を比較したいところです。

競争相手が多くなればそれだけ査定額が上がる可能性が高くなります。


注目 古いSUVでも廃車にしてはいけない

大型SUVなどこだわりの車の場合、永く愛用して10年落ちとか走行10万キロとかになっているケースも多いことでしょう。

このようなSUVの場合は売り先を間違えてはいけません。

新車ディーラーの下取りに出せば年式や走行距離でほとんどの場合「査定ゼロ」になるでしょう。

そんな時こそSUVの専門店に査定してもらえばいいのです。

専門店の中には「どんなSUVでも高額で買取ります」と謳っているSUV買取専門店もあります。

事故車でも過走行車でも動かない車でもSUVならどんな状態でも買取するというわけです。

買取事例として次のように10年オーバーのケースも紹介されています。

・平成9年ハイラックサーフ 走行距離:16.7万km 買取価格 25万円
・平成10年ハリアー 走行距離:9.8万km 買取価格 57万円

一括査定なら、このようなSUVの買取を得意にする車買取店に簡単に網をかけることができます。

一括査定の最高額を知ってから、ネットなどで探した個別のSUV専門店にさらなる高額買取を交渉してもいいでしょう。

古いSUVならまずは一括査定です。そこから高額査定の道が開けます。

---- 厳選!おススメの無料一括査定ランキング --------------------------------

かんたん車査定ガイド

 ともかく入力が簡単。使いやすさは他を圧倒しています。
 中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

ズバット車買取比較

 大手等150社以上から厳選された最大10社に一括査定依頼。
 利用者の6割以上が査定額に満足したと評価している無料査定サービスです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

 最大の特色は参加社数が多いことで地方でも高額が期待できる一括査定です。
 メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


○人気が根強いSUV

SUVは、スポーツユーティリティビークル(スポーツ用多目的車)という名のとおり、オンロードもオフロードも楽しめる車として人気を集めています。

スポーツアクティビティー(サーフィン、スキー、キャンプなどの娯楽的な活動)にぴったりという本来の機能に加え、一般の自動車に比べて車高が高く視界が広いので運転しやすいということも運転に自信のない人や初心運転者に人気が出る要因となっているようです。

国産車の代表的なSUVは

・トヨタ:RAV4 ハイラックスサーフ ランドクルーザー
・日産 :エクストレイル サファリ ムラノ
・ホンダ:CR-V
・三菱 :パジェロ ストラーダ
・マツダ:MPV
・スバル:フォレスター

といったところですが、中古車市場でもこれらの車種は人気があり、価格も高値が付けられています。

特に最近は、室内空間が広い、セダンより視界が広い、バックモニターやサイドモニターで死角が少ない等のSUVの長所が向上しており、今後更なる人気上昇が見込まれています。

軽自動車やエコカーと並んで、中古車市場で需要の高い車の一つと言って差し支えないでしょう。

人気車種だけに通常の一括査定で十分な査定額が出るでしょうが、更に個別にSUV買取専門店で念を押して見るのもいいでしょう。


※SUVに走破性なら負けない軽トラック。山菜取り、キャンピングカーなど趣味用に愛用する人も多く軽トラックの買取り相場を下支えしているようです。


このページの先頭へ