" ミニバンの査定

ミニバンは中古車市場でも人気上位


注目 使い勝手の良いミニバンは中古車市場でも人気

多人数が乗れる、荷物をたくさんつめる、燃費も悪くないという、実に使い勝手の良いミニバンは、中古車市場でも人気の高い車種です。

市場で人気が高いということは査定・買取でも高値が付く可能性が高いということです。

ミニバン

各社から様々なミニバンが発売されるようになって販売車種が増え、ひところから見れば車種による価格差が出始めていますが、人気車種は相変わらず好調で高値を維持しているようです。

人気があり売りやすいミニバンは、中古車販売店にとっても1台でも多く置きたい車種でしょうし、それを背景に買取店でも高額査定の傾向は続くことでしょう。


注目 ミニバンの査定は専門店に頼らなくていい

今やセダンにとって変わってごく普通の車のようになったミニバンは、査定においてもミニバン専門店に頼る必要はないでしょう。

大手全国チェーン店や地域有力店など普通の業態の買取専門店で十分納得できる査定額が期待できます。

ただし、1社だけの査定では高値を引き出すことが出来ません。

人気のミニバンであっても複数の買取店の査定を比較することが高額査定の必須ポイントです。

そして人気車種であるだけに、できるだけ多くの買取店に競争させるべきでしょう。

一括査定を2つ申し込めばそれだけで7~8社の無料訪問査定が自宅にいたまま可能になります。

2つ申し込んでも一括査定の入力は5分とかかりません。

各社競争による最高額で売り、充実のお得感を味わってください。


注目 5ナンバーのミニバンが売れている

ミニバンの中でもファミリーユースとして、5ナンバーサイズのミニバンが高い人気を得ています。

5ナンバー幅の5人乗り車にチャイルドシートを含めて5人乗るのは相当窮屈で、実際は1列に2人乗りが精いっぱいです。

夫婦と子供2人の家族であれば、5人乗りの乗用車に子供2人分のチャイルドシートを装着すると後部シートには人が乗れなくなってしまいます。

ミニバンなら、後方シートで母親が子供について座れますし、 祖父・祖母を誘って一緒に出掛けることもできます。

5ナンバー車ですからコストも抑えられますし、女性ドライバーにも運転しやすいため、子育て世代にとってミニバンは本当に便利で実用性に優れているのです。

現実に日産「セレナ」、ホンダ「ステップワゴン」、トヨタ「ノア/ヴォクシー」はミニバン御三家と言われるほどの人気で、中古車の人気度も抜群です。

5ナンバーのミニバンを査定に出したいとお考えの方は、このような人気の高さを是非頭に置いて臨んでください。

---- 厳選!おススメの無料一括査定ランキング --------------------------------

かんたん車査定ガイド

 ともかく入力が簡単。使いやすさは他を圧倒しています。
 中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

ズバット車買取比較

 大手等150社以上から厳選された最大10社に一括査定依頼。
 利用者の6割以上が査定額に満足したと評価している無料査定サービスです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

 最大の特色は参加社数が多いことで地方でも高額が期待できる一括査定です。
 メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


○「ミニバン」とは

元々は米国の「大型のワンボックスバン」に対して、「小さめ(ミニ)なワンボックスバン」を指す名称として使われていたのが「ミニバン」です。

日本国内では背が高いハッチバック、3列シート車をひっくるめて「ミニバン」と呼んでいます。

特に規格や定義はありませんが、一般には、1.5ボックス、2ボックス、ワンモーションと言われる車体形状を包括して 「ミニバン」と呼んでいます。

スペース、座席数を確保するためにアップライトな着座姿勢で、全長に対して室内長と室内高は比較的大きいのが共通的な特徴です。

日本では「ミニバン」呼ばれるものの、この「ミニ」という語には大きさを表す意味は無く、「バン」という語も貨物車を表している訳ではありません。

本家アメリカの行政区分は、商用車のライトトラックと位置づけられ安全性や排ガス規制が緩和されていますが、日本での区分は乗用車のステーションワゴンとされています。



このページの先頭へ