" ディーゼル車の査定

一番もったいない方法 → ディーゼル車を下取りに出すこと

注目 国内と全く違う海外のディーゼル車事情

今日本では、ディーゼル車の人気は衰える一方です。

「排気ガスが環境に悪そう」、「エンジン音がうるさい」などというマイナスイメージに加え、そもそも場所によっては規制があって走れないということもあり、国内での人気はパッとしません。

ディーゼル車は中古車買取り金額が下がってきているのも事実ですし、「ディーゼル車は買取り査定がつかない」という話も耳にしたりします。

現在ディーゼル車に乗っており、古くなったディーゼル車の処分に頭を悩ませている方もいるかもしれません。

しかし、海外では日本と全く違う事情があるということをご存知でしょうか。

例えばヨーロッパなどでは、ガソリン車よりも燃費がよく二酸化炭素の排出が少ないディーゼル車の方が「地球環境に良いクルマ」とされて非常に人気があります。

しかも、日本のディーゼル車は他国のディーゼル車に比べてエンジン性能が良いとされ、走行距離が多くなってもかなりの高値で買い取られているのです。

最近では、国内の中古車市場にこだわる必要はないと海外に販売ルート持つ中古車買取店も増え、国内の販売ルートしか持たない買取店で査定がつかないディーゼル車でも高額で買い取ってもらえることが多くなりました。


注目 必ず海外への販売ルートのある買取専門店で査定

ディーゼル車

海外へ目を向け、販売ルートを海外にも持つことにより、日本で中古ディーゼル車が売れない問題は一気に解消されました。

それだけではありません。同じ条件ではむしろガソリン車よりも高い査定額がつくという場合も珍しくないのです。

ガソリン車に比べてより頑丈にできているため、10万キロ超など走行距離が大きい場合にはディーゼル車の方が有利なことが多いからです。

今では海外でのディーゼル車の需要はガソリン車を上回るほどだと言われています。


注目 下取りへ出すのは絶対やめよう!

このような海外でのディーゼル車の人気を知ると、絶対にやってはいけないのが「ディーゼル車を国内の販売ルートしか持たない新車ディーラーや中古車店の下取りに出すこと」だということがわかります。

そんなことをすると「宝の持ち腐れ」というかドブに金を捨てるようなことになってしまいます。

海外のディーゼル車事情を知りながら国内の不人気をバックに「査定ゼロ」で引き取り、海外販路のある業者に転売するのかもしれません。

今乗っているディーゼル車の処分の方法として、何よりもこれが一番「もったいない」やり方だということになります。

ディーゼル車を売るなら、下取りは絶対やめましょう。

必ず海外への販売ルートのある買取専門店で査定を受けましょう。


■ディーゼル車こそ一括査定を試そう

一括査定には、ディーゼル車をはじめ様々なジャンルの車を得意とする大手業者、ディーゼル車の買取を得意とする専門業者など、様々な得意分野を持つ多彩な業者が参加しています。

どの買取業者もサービス運営者の厳しい審査をパスして参加している信頼のおける業者ばかりです。

ディーゼル車こそ多数の買取店に網をかけられる一括査定を試してみましょう。

「下取り査定って一体何?」と思うようなディーゼル車の査定額を目にすることでしょう。

---- 厳選!おススメの無料一括査定ランキング --------------------------------

かんたん車査定ガイド

 ともかく入力が簡単。使いやすさは他を圧倒しています。
 中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

ズバット車買取比較

 大手等150社以上から厳選された最大10社に一括査定依頼。
 利用者の6割以上が査定額に満足したと評価している無料査定サービスです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

 最大の特色は参加社数が多いことで地方でも高額が期待できる一括査定です。
 メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


○規制にかかってしまったディーゼル車の処分

排ガス規制の対象地域内で規制に抵触してしまったディーゼル車は廃車処分するしかないのでしょうか?

いいえ、そんなもったいないことをする必要はありません。

もちろん対象地域内では車検や登録が不可能になりますが、規制対象外の地域、中でも海外ではまだまだ立派に働けるのです。

海外でのディーゼル車の人気を知れば、対象地域で規制に引っかかってしまったとしても処分に関してはまったく心配はありません。

海外ほどではないにしろ、国内であってもディーゼル車は対象地域外の社用車として使い道がありますし、エンジンだけを適合エンジンに交換するという方法もあります。

海外の車の使い方から見ると、日本での車の使い方はもったいなさ過ぎます。

頑丈で壊れにくい日本のディーゼル車を末永く活躍させてやりましょう。


このページの先頭へ