" 軽自動車の査定

軽自動車は売り先を間違えてはいけない


注目 高額査定が期待できる軽自動車

全自動車の半数以上を軽自動車が占めている県が6県もあることをご存知でしたか?
(沖縄県53.5%、高知県52.3%、長崎県52.1%、島根県50.6%、和歌山県50.7%、鳥取県50.3%)

全国ベースのシェアも最近10年間で8ポイントも上昇し、40パーセントに近づこうとしています。

新車でも中古車でも、今日本で一番売れている車が軽自動車です。

中古車販売店の値札を見て回ると軽自動車の中古車市場が好調であることがよくわかります。

「えー、中古でこの値段!」と驚くような軽でも、売れるからそのような値段がつくのです。

景気見通しが不透明な中、エコノミーな中古軽自動車の高値はまだまだ続いていくことでしょう。


注目 人気の軽自動車は売り先を間違えてはいけない

ディーゼル車

全国的に需要が多く高額査定が期待できる軽自動車ですが、買取業者によって査定額の差が大きくなるのも軽自動車の特徴です。

買取業者には、軽自動車に的を絞った専門の買取店から、特に軽自動車だけを得意分野としていない大手買取店まで、様々な業態があるからです。

多少状態が良くなくても高値がつくポテンシャルの高い軽自動車は、売り先を決して間違えないというのが重要ポイントです。

高く売れるが業者によるバラつきが大きい軽自動車こそ、多くの買取業者に網をかけることのできる一括査定を活用するべきです。

時間があれば、一括査定を2つあるいは3つ利用して多くの買取店の査定額を比較することにより、査定額の違いの大きいことも分かりますし、最高額の買取店を知ることもできます。

軽自動車の高額査定のためには、一括査定が欠かせません。


注目 軽自動車の専門店にも注目

一括査定の結果がイマイチかなというときは、軽自動車買取の専門店にも注目してみましょう。

地域で探してもいいでしょうし、軽自動車買取専門の中には日本全国の無料査定に対応しているところもあります。

またはじめから専門店に目を付け、一括査定の最高額を確認してから「これより高い値が付きますか?」と尋ねるのも有効でしょう。

このような専門店は、広告費、家賃、人件費などのコストを合理化し軽自動車の高額買取にターゲットを絞っているので、より高額な査定が期待できます。

専門店の買取サイトは検索ですぐに見つかります。


---- 厳選!おススメの無料一括査定ランキング --------------------------------

かんたん車査定ガイド

 ともかく入力が簡単。使いやすさは他を圧倒しています。
 中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

ズバット車買取比較

 大手等150社以上から厳選された最大10社に一括査定依頼。
 利用者の6割以上が査定額に満足したと評価している無料査定サービスです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

 最大の特色は参加社数が多いことで地方でも高額が期待できる一括査定です。
 メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


○セカンドカーなら軽自動車がぴったり

軽自動車は日本特有の規格で、自動車の分類の中で最も小さい排気量660cc以下の四輪自動車です。

軽自動車は、車両価格、税金・保険料などの維持費も安い、車体が小ぶりで取り回しが簡単、中古車価格が比較的高いなどの優れた特徴があり、そのシェアは全自動車の4割に近づいています。

全体的な傾向として、地方では軽自動車のシェアが高く都市部では低くなっています。

地域別に見ると、中国地方、四国地方から西側で全体的に軽自動車のシェアが高く、福岡県、広島県を除くすべての県で45%以上のシェアを占め、その福岡県、広島県でも約4割と全国平均よりシェアが高くなっています。

道路が整備され、さしたる渋滞もなく、公共交通機関の便が良くないことなどから、地方では通勤・買物などの生活の足として一世帯で複数台の車を所有することが多くなっています。

そしてコストのかからないセカンドカーとして経済的な軽自動車が非常に多く購入されています。

女性や高齢者が使用することの多いセカンドカーは軽自動車の独壇場のようなものだと言ってもいいでしょう。

また、農林水産業、建設業、運送業などで軽のトラック、ワゴン・バンを使用することも多く、日本では軽自動車がその特徴を活かして大活躍です。



このページの先頭へ