" 古い車の査定

廃車しかないような古い車でもあきらめてはいけない


壊れにくいと定評の日本車、海外では古い中古車が現役として数多く使われています。

「古い車でも」というより「古い車だから」と言ったほうがいいかもしれません。

電子化などで複雑になった高年式ではなく、構造がシンプルで部品が入手しやすく、再生やメンテナンスが容易な低年式だから人気が高いのです。

日本では廃車にしかならない古い車が国内では考えられないくらいの高値で売買されています。

海外で人気の古い日本の中古車は供給が追いつかないほどであり、近年海外向けに古い車や事故車、過走行車を積極的に買い取る専門店も増えてきました。


注目 国内の常識を捨てなければ査定額がつかない

車 売る

キズだらけでボロボロの古い車でも、たとえ既に30万km走っていても、15年前の車でも、海外向けであれば日本では考えられないような値段で売買されています。

普通乗用車だけではありません。商用車、ディーゼル車、日本ではあまり見かけなくなったマニュアルシフト車などが海外では「日本車の中古」ということで大人気なのです。

トラックやセダン、4WD系はもちろんの事、コンパクトカーから軽箱バンや軽トラックまであらゆる車種の中古車がどんどん輸出されています。

国内で需要の低くなってしまった車、不人気車など廃車扱いになりがちな車種も、海外では全く関係なく、活発に輸出されています。

自動車については、そもそも日本人の買い方、乗り方が贅沢過ぎるのかもしれません。

海外では、走行に支障がなければ、古かろうが傷があろうが関係なく実質的な中身で選んで車を買うのです。

中途半端に古い車より再塗装するほどの古い車の方が塗装が新しくなっていいてなもんです。

このように古い車については、まずは日本国内での常識を捨ててかからなければいけません。


注目 古い車だからこそ買取ってもらえる

海外に輸出され再生されて立派に現役として活躍している日本の古い中古車、当然ながら査定をしてもらうなら海外輸出のルートを持つ自動車買取店でということになります。

軽トラックやディーゼル車と同様、決して下取りに出してはいけません。

海外輸出のルートをもち廃車、事故車でも高く査定できる買取店はどう探せばいいのでしょうか。

ネットなどで個別にさがす方法もありますが、最も便利で合理的な方法は一括査定を試してみることです。

審査をパスした有力な買取業者が多数参加している一括査定なら、輸出ルートを持つ業者を一度の入力で網にかけることができます。

しかも古い車を求めている複数の買取店が競争で査定を行うので査定額がオークションのようにつり上がります。

完全無料の査定サービスですから何も失うものはありません。
古い車の処分をお考えなら、廃車のことなど考えずに、是非一括査定をお試し下さい。

---- 厳選!おススメの無料一括査定ランキング --------------------------------

かんたん車査定ガイド

 ともかく入力が簡単。使いやすさは他を圧倒しています。
 中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

ズバット車買取比較

 大手等150社以上から厳選された最大10社に一括査定依頼。
 利用者の6割以上が査定額に満足したと評価している無料査定サービスです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

 最大の特色は参加社数が多いことで地方でも高額が期待できる一括査定です。
 メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


東南アジアなどに出張したことのある人に現地のクルマ事情のことを聞いてみると、口を揃えたように日本の中古車の多いことに目を見張ったと言います。

そもそも日本車は非常に優秀であり、10万キロ走ったからといってメンテナンスさえしっかり行えば、なんの支障もなく走行できるように作られています。

更に、自動車を大事に乗るという国民性のためでしょうか、日本車の中古は非常に程度が非常に良いことでも有名になっています。

このような日本車の中古車は海外で大変人気が高く、中古車業界でも海外輸出ルートをもち海外向けに古い車などを積極的に買い取る業者が多くなってきました。

海外で日本の中古車が再利用されるのには、再生やメンテナンスの工賃が日本より圧倒的に安く済むということあるのかもしれません。

「勿体無い」文化のある日本ですが、自動車に限らず電化製品などでも「修理代がこれだけかかるので新品を買った方がお得ですよ」と言われることが多すぎるような気がします。

日本の中古トラックが東南アジアで乗合バスに再生されてバリバリ活躍しているなんて話を聞くと嬉しいじゃないですか。

自動車にとっても、廃車置き場で野ざらしになることに比べたらはるかに幸せなことだと思います。


このページの先頭へ