" 下取りは絶対損をする

ビジネススタイルの違いでディーラーは買取店にかなわない

■下取りと買取の違い

ディーラーによる下取りと買取専門店による買取との違いを整理してみましょう。

○基本価格の設定

<買取>
中古車の業者オークション相場を基にその時点で買取れる最高値を基本とし、装備や程度などの状態により増減して買取額を算出する。
大手買取店は全国の相場情報を常に収集して基本価格が決められるため、高い価格を提示できる場合が多い。

<下取り>
ディーラーが用意した下取り基本価格表を基にして車両の状態に応じた減額を行い下取り価格を算出する。
基本価格表は更新されるが業者オークション相場には連動していない。

○装備品

<買取>
社外品でも評価され人気のある装備などに高値がつくことがある。

<下取り>
純正品でなければプラス査定されにくい。オプションも、メーカー純正品以外は評価されにくい。

○店舗間の競争

<買取>
一括査定などで複数業者の価格を比較することができ、最高額のところへ売却することができる。

<下取り>
買取専門店でより高額の査定があったとしても下取り額をそれによって変えてくれることは期待薄。

○再販売のコスト

<買取>
買い取った車はすぐ業者オークションに出品するので長期の在庫を持つことがない。

<下取り>
自社展示場の販売は業者オークションでの販売に比べ時間がかかり、駐車スペースの管理費、相場下落などの影響を受け、余分な流通コストが発生する。そのコストが査定額を押し下げる。


■ビジネスのスタイルの違いでディーラーは買取店に勝てない

上記の他にもう1つ決定的な違いがあります。

それは、ディーラーと買取専門店とは中古車を取り扱う絶対量が全く違うということです。

取扱量が大きければ大きいほどスケールメリットも大きくなり、それを生かした薄利多売が可能になります。

「薄利」は高額買取につながります。

そもそもこの業態の違い、ビジネスモデルの違いだけで、ディーラー下取りは買取専門店に敵わないということになります。



このページの先頭へ