上手に売れば事故車でも高く売ることができる


注目 事故にあった車=事故車とはならない

事故にあった自動車がすべて事故車(事故のため査定が大幅ダウンする車)になるわけではありません。

事故車、正式には「修復歴車」というのは、事故などで「車の重要な部分にダメージを負っており、そこの部品を交換・修復したことがある」車のことです。

事故にあっていても「車の重要な部分」にダメージがなければ、その修理は通常の車の修理と同じことになり、事故にあったことを理由にした大幅査定ダウンは無いことになります。

そのような車の査定の時「事故車ですね」と言われたら、「事故に遭っていますが修復歴車ではありません」ときちんとアピールしなければなりません。

ややこしいようですが、要は事故で査定額がダウンするかどうかは「修復歴があるかどうかによる」ということになります。


注目 「修復歴車」とは何か?

「修復歴車」については日査協、公取協、中販連などが統一基準として定義を定めています。

具体的には、車両の次の部分を交換したり、修復(修正・補修)したものが修復歴車となります。

・フロントインサイドパネル
・フレーム
・ダッシュパネル
・ルームフロアパネル
・フロントクロスメンバー
・ルーフパネル
・ラジエーターコアサポート
・トランクフロアパネル
・ピラー

これらはいわば車の骨格でありダメージを受けると直進性に影響が出るなどの重要な部分です。

車の骨格部分(フレーム)を交換・修復した車が「修復歴車」となり、通常より評価の低い中古車になるわけです。

フェンダーやバンパーを交換した程度では「修復歴車」にはならないということです。


注目 一括査定で事故車を売る

事故で自動車が大きいダメージを受け、処分をしなければならない場合があります。

そのような時は迷わずに一括査定を利用しましょう。

事故で大破した車でさえパーツ調達用、くず鉄などとして一定の価値を持っています。

程度によっては修復歴車として再生され中古車市場に出ます。

一括査定にはそのような事故車を買い取る専門業者も参加しているので、
高額で買い取ってくれるところ簡単にを見つけることができます。


注目 悪質な買取業者に気を付けよう

最近では少なくなったようですが、事故車を売るときの注意点は悪質な業者に買取を依頼しないことです。

買取を申し入れると、はじめからレッカー車を持って来てろくに査定もせずに事故車を持って行くような業者がまだいないとも限りません。

レッカー代や名義変更費用料などを、車を引き渡した後に別途請求する業者もいるかもしれません。

事故があると誰でも落ち込み気弱になるのが普通ですから、このような業者の手口に引っ掛からないようくれぐれも注意が必要です。

悪質な買取業者を避ける最も確実な方法は一括査定を利用することです。

一括査定に参加している業者は一括査定運用者の厳格な審査を通った信頼できる業者ばかりであり、安心して査定・買取を依頼することができます。


事故車の一括査定ならここが一押し
詳細はコチラ

こちら こちら こちら


※一括査定を上手に使うための注意点⇒⇒中古車 一括査定の注意点


中古車買取では、事故車を買い取ってもらうのは無理だと誤解していませんか?

もちろんディーラー下取りでは事故車に価格はつきません。

ただで引き取ってもらうか、廃車手続き費用を請求されるか、どちらにしてもプラスになることはありません。

でも買取店で査定してもらえば少なからず買取価格が提示されます。

事故車を専門に買い取る買取店もあるほどで、実は事故車でもまだまだ価値があるのです。

例えばエンジンまでダメージが及んでいなければ十分な需要があり、場合によっては海外輸出で十分活躍できることもありえます。

ボディーの損傷があっても大丈夫です。まずは無料査定を活用してどれくらいの査定額が提示されるのか調べてみてください。

費用のかかる廃車や下取りで引き取ってもらうよりもお得な結果がきっと届くでしょう。


このページの先頭へ