" 査定前の洗車・車内清掃

洗車・清掃で良い第一印象を持ってもらおう


注目 汚いままだと常識が疑われる

「洗車してもそれでプラス査定になるわけではないからしない方が良い」
「買い取り側で販売する前に整備・清掃は行うから査定前に洗車しても無駄」

ネットなどでこういう意見を見かけることがありますが、ちょっと違うんじゃないかと思います。

査定は車を介した面接のようなもので、査定側は車を見てオーナーの人となりを見てしまいます。

お見合いでも面接でもなんでもいいですが、「要は人間性が大事なんだ」とばかり、風呂にも入らず不潔な状態で大事な場に臨む人なんているでしょうか。

いくら性格や人間性が良いとしても、それ以前の問題でしょう。

少しでも良い評価をしてもらいたいものを、少しでもきれいにしてから見てもらうのは、人間としてごく当たり前のことではないでしょうか。

埃だらけでタバコ臭く荷物やゴミが散乱している車を見せられて、「メンテナンスもきちんとやり、大事に乗ってきた」と言われても(本当かね)と思われてしまうことでしょう。


注目 良い印象が副次効果を生む

査定マンは、きれいにしてある車を見れば「大事に乗ってきた」という印象を受けることになります。

査定前に改めて洗車、清掃を行うことの意義は、この第一印象を良くするということです。

査定士も人の子です。その後のチェックで、少なくとも汚くしているよりはプラス要素を前向きにとらえてくれることになります。

洗車・清掃そのものは査定額に影響しないかもしれませんが、大事にされて来た車という印象が全体として査定に有利に働くことが期待できます。

また、査定マンの身にもなってください。

スーツが触れれば誇りの付くような車を不快が顔に出ないよう注意しながらチェックするのと、すみずみまできれいにしてある車をチェックするのと、どちらが気持ちのいい仕事になるのかは言うまでもないでしょう。

汚れた車の査定額を「もう一声」と言われても、査定マンは店長に話をあげる気にもならないかもしれません。


注目 エンジンルーム、トランクルームも忘れない

「長い間お世話になった愛車だからきれいにして出してやりたい」と考える方も多いことでしょう。

そのような方なら普段から車をきれいにしているでしょうから、普段どおりの洗車・車内清掃を行えばいいだけです。

ボディも車内もきれいに掃除されていれば、洗車もされずユーザーの愛情が感じられない状態の車に比べ査定で有利になることでしょう。

また、エンジンルームもきれいにしておけば、日常のメンテナンスもしっかり行われれていた車であると受け取ってもらえるでしょう。

トランクルームも忘れずにチェックしゴミ、汚れがあればきれいにしておきましょう。


注目 洗車キズなど気にしない

「洗車をすると小さなキズが目立ってしまう」という意見を見ることもありますが、「シミが目立たないように洗顔はしない方が良い」と言っているようで違和感を覚えます。

キズが隠れるほど車を汚したままにしておくなら、むしろオーナーのマナーや常識を疑われるのではないでしょうか。

ましてや、キズが目立たない雨の日や夕暮れ時に査定を受けた方がよいというのは、あまりにもせこい話のような気がします。

---- 厳選!おススメの無料一括査定ランキング --------------------------------

かんたん車査定ガイド

 ともかく入力が簡単。使いやすさは他を圧倒しています。
 中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

ズバット車買取比較

 大手等150社以上から厳選された最大10社に一括査定依頼。
 利用者の6割以上が査定額に満足したと評価している無料査定サービスです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

 最大の特色は参加社数が多いことで地方でも高額が期待できる一括査定です。
 メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。



このページの先頭へ