" ボディーの傷やへこみを直すべきなのか?

自分で修理しても修理費に見合う査定アップは無い

注目 小さい傷、浅い傷は気にしなくて良い

買取店などは基本的に(財)日本自動車査定協会が定める査定基準をもとにして傷やへこみの減点を行っています。

その減点方法によると、爪が引っかからないようなうっすらとついた傷、1cm未満の傷・ヘコミなどは、減点対象にはならないことになっています。

つまり、新車時から年月が経つことによって普通に付くような傷やへこみは査定のマイナス要素にはならないので、気にする必要はないということです。

車好きの方など自分でコンパウンドがけをして磨こうかと迷ったりするかもしれませんが、塗装にムラが出るなどかえって逆効果になるおそれがありますので避けた方がいいでしょう。

素人が落とせる程度の傷であれば、業者でも経費をかけずに簡単に落とせるということです。


注目 板金が必要な傷なども現状査定がお得

板金塗装が必要で明らかに減点対象になる大きい傷やへこみがある場合は、修理に出した方がいいのかどうか迷うかもしれません。

結論を言えば、そのような場合でも現状のままで査定を受けるのが得策です。

大きい傷やへこみがあっても、車買取店は自社工場や提携工場などで一般のオーナーよりもはるかに安い金額で修理できます。

大きな傷やへこみは確かに減点の対象になるのですが、オーナーによる修理代の方がはるかに高くつき、修理代を査定でカバーすることはほとんど期待できません。

知り合いの工場などで格安で修理できる場合は別かも知れませんが、一般的には大きな修理は行わないで査定を受けた方が結果的には得になります。


注目 普段のメンテナンスの範囲内の補修

小さい傷であれば普段でも市販のタッチペンなどで補修することがあります。

普段の洗車で飛び石などによる小さい塗装の剥げ落ちが見つかり、サビを防ぐためにタッチペンなどで補修することもあるでしょう。

このような日常のメンテナンスの範囲内のことであれば、査定前の洗車後にチェックし補修するのもいいでしょう。

車を大事にしている方にとっては普段のメンテナンスの範囲内のことでしょうが、洗車と同様、自分でできることはやった方が第一印象を良くすることになるでしょう。

---- 厳選!おススメの無料一括査定ランキング --------------------------------

かんたん車査定ガイド

 ともかく入力が簡単。使いやすさは他を圧倒しています。
 中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

ズバット車買取比較

 大手等150社以上から厳選された最大10社に一括査定依頼。
 利用者の6割以上が査定額に満足したと評価している無料査定サービスです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

 最大の特色は参加社数が多いことで地方でも高額が期待できる一括査定です。
 メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


○現状で査定を受けたほうが得

自動車は、いくら注意して大事に使ったつもりでも、年月が経つにつれて傷やへこみの1つ、2つは作ってしまうのが普通です。

そしてその傷などが気になりつつも、仕事に忙しかったりしてそのまま乗り続けるものです。

いざその自動車を売る段になって改めてボディーを見ると、傷やへこみの存在が急に大きく思えて、査定に出す前に修理した方がいいかどうか迷うことになるでしょう。

最近は、カーコンビニ倶楽部などボディーの傷などを短時間で安く修理してくれる業者が増えてきました。

しかし、安いとはいえ小さな傷でも状態によっては1万5千円とか2万円とかの出費は避けられません。

問題はこのオーナーによる修理費用が査定アップで全額カバーされることはほとんど期待できないことです。

買取店は自社工場や提携工場でオーナーの修理よりはるかに安い費用で修理できるので、修理によって査定アップしてもその金額はオーナーの修理代金に追いつかないのです。

修理に2万円かかっても査定額が1万円しかアップしなければ修理しないほうがましというわけです。

大きい傷などがあっても査定は現状のままで受けるようにしましょう。


このページの先頭へ