" 査定額には有効期限がある

有効期限切れで再査定とならないよう御注意


注目 買取査定額は業者オークションの相場に連動している

中古車買取店、中古車販売店などが参加する業者オークションは、業界の中で中古車が最も高く売れる場になっています。

この業者オークションでは、プロの業者が自動車の状態はもちろん、 細かいオプションの価値までを含めて数ヶ月の相場を参考に落札しますので、おのずとその落札価格は業者間売買の「適正価格」となります。

買取った自動車をオークションに出すことの多い車買取店は、買取額を提示する場合に中古車オークションの落札価格の相場をベースにしています。

つまり、オークション相場からコストと利益を差し引いた価格が買取額の上限になるというわけです。

買取専門店の買取査定額は中古車オークションの相場に連動していると言ってよいでしょう。


注目 自動車の査定額は日々変化するもの

自動車の査定では、基本的に新車時から時間が経てば経つほど評価額が低くなっていきます。

また業者オークションの落札相場もその日その日の落札価格によって毎日動きますので、自動車の査定額に影響をもたらします。

自動車を買取店に査定してもらえば査定金額の有効期限を付けられることがありますが、それはこのような背景があるからです。

具体的な有効期限は業者よって違いますが、短い場合は1週間、長くても2週間程度といったところです。

早く買取したい買取店がオーナーを煽ったり揺さぶったりしているように見えるかもしれませんが、中古車の査定相場が1ヶ月も2ヶ月も動かないということは基本的にありえないのです。

価格交渉であまり長く粘りすぎると再査定が必要となり、前回提示額より買取額が下がってしまうことも大いにあり得ます。


注目 粘りすぎると再査定で損をすることになりかねない

業者オークションの落札相場を背景にした買取専門店の買取査定額というのは、おのずとその査定額が有効である期間が付きまといます。

例えば「2週間以内であればこの価格で買取ってもオークションで採算の合う価格で売却できる」という上限額の計算のもとに、その範囲内で買取専門店は最高額を競うわけです。

買取店の競争が激化すれば、お互い利益の削り合いになります。

査定後の提示額で即決せず、各社の査定額をよく比べてから売却先を決めるのは高額売却のコツの一つですが、あまり時間をかけて粘りすぎるのも良くないということになります。

訪問査定は1時間足らず、長くても1時間半もすれば終わりますから、査定業者が多くなっても1日か2日もあれば全社終えることができるでしょう。

買取店の訪問査定から、比較検討、買取店の決定までできれば1週間以内に収めたいものです。

くれぐれも「有効期間が過ぎているので再査定」ということにならないよう注意しましょう。

また年末が近づく時期や、モデルチェンジが近づいている時期に自動車を売る場合は、うっかりして年式落ちや旧型化による大幅査定減を受けることにならないよう、売却のタイミングに十分注意を払いましょう。

---- 厳選!おススメの無料一括査定ランキング --------------------------------

かんたん車査定ガイド

 ともかく入力が簡単。使いやすさは他を圧倒しています。
 中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

ズバット車買取比較

 大手等150社以上から厳選された最大10社に一括査定依頼。
 利用者の6割以上が査定額に満足したと評価している無料査定サービスです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

 最大の特色は参加社数が多いことで地方でも高額が期待できる一括査定です。
 メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。



<中古車オークションとは>

中古車オークションという場合、通常はYahoo!オークションなど個人で参加出来るオークションではなく、中古車業者やディーラーといった業者だけが参加できるオークションのことを指します。

中古車業界の業者による「業者オークション」ですから個人は参加できません。。

全国各地のオークションを主催する企業はいずれも社会的信用度の高い上場企業ばかりです。

このオークションはプロ業者専用の流通市場であり、全国150か所を超えるオークション会場で毎週10万台をはるかに越える台数が取引されています。

中古車オークションへの出品車両は、オークションにかけられる前に1台1台「プロの検査員」により厳重なチェック項目により検査されます。

メーター改ざん、事故歴や修復歴はもちろんのこと、 小さなキズ、ヘコミ、 綺麗に塗装されて一見しただけではわからない修復まで、事細かにチェックし、出品票に記載します。

落札する業者は、中古車販売店、ディーラーの中古車部門、輸出業者、オークション代行店などであり、落札された車はこれらの業者の店頭に並び販売されます。

今最も活躍している中古車オークション専業者の代表ともいえるのが、東証1部上場企業の「USS(ユーエスエス)」です。

メインの東京会場は、一回の開催で1万台をゆうに超える中古車が出品され6台ずつが同時に競りにかけられるという、日本一の中古車オークション会場です。

国内の中古車流通の約7割がたがオークションを経由しているといいますから、まさに中古車市場の相場は中古車オークションで形成されているというわけです。


自動車買取の査定額に有効期限などないと思っていませんでしたか?

車買取店で査定してもらった査定額というのは、ずっと有効というわけではありません。

一体なぜ査定額に有効期限がるのでしょうか?

自動車の人気というのは毎日変動し、その人気度の変化が価格の動きとなって業者オークション相場を動かします。

極端な例かもしれませんが、今日人気がある自動車でも1ヶ月後には全く人気がなくなっていることもあり得ます。

逆に、いま人気がない自動車が1ヶ月後には人気が大きく盛り上がっているということもないわけではありません。

このような動きをする自動車買取査定額には、必然的に一定の有効期限を設けないとリスクが大きくなりすぎることになります。

基本的な仕組みとして、自動車の評価額は時間が経てば経つほど低下していくのですから、査定をしてもらい納得できる査定額が出たなら、できるだけ早く売却するのが得策です。

粘りすぎて有効期限を経過すると再査定となり、おそらく査定額は当初より低いものとなることでしょう。


このページの先頭へ